汐ヶ崎病院

〒311-1115 茨城県水戸市大串町715番地

心理支援相談

心理支援相談では、こころを自由にできる場所、安心して自分を表現できる場を提供することを大事に考え、ひとりで、あるいは、身近な人だけで解決できないことを共に眺め直し、乗り越えていくためのサポートをしていきたいと思っております。
様々な社会的支援の必要性に応え、主治医の判断に基づき以下の支援を行っています。

心理アセスメント

行動観察や心理検査を行い、患者様の能力や性格、こころの状態、発達の状況や課題などを把握し、治療に役立てます。目的に応じて複数の心理検査を組み合わせて行うことがあります。

カウンセリング

重く苦しい症状を改善したり、こころの成長を促進したり、さらには自分についてより深く理解できるようにしていくことを目指します。
安全で守られた場所で、安心して自分の話をすることで、気持ちを整理し、新たな自分に気づき、一歩踏み出すことができるように支えていくことが、当院のカウンセリングです。

問題の早期発見を目指した活動

子どもの健全な成長発達を支えるために、地域の学校養護教諭との勉強会や、講演会の開催など、地域の学校が抱える課題について一緒に考える場を提供しています。

カウンセリングをご希望される方へ

当院のカウンセリングは、精神科治療の一つの方法として考えており、それ単独では実施しておりません。主治医が治療上必要だと判断されたときに適用されます。まずは、初診の予約を入れて頂き、その際に主治医とご相談ください。

※個人のプライバシーは厳守致します。
※カウンセリングは臨床心理士が担当致します。

心理支援相談
心理支援相談

作業療法室

皆さんは毎日の暮らしの中で好きな作業を行えていますか?人生は作業活動の連続です。人は自分の好きな活動を行うことによって心が満たされ、体も元気になります。
作業療法では、一人ひとりの目的に合った様々な作業を提供し、患者様の心身のサポートをしています。

外来作業療法

外来作業療法では、主に安心できる場所の提供をしています。
さらに個別で衝動の発散や運動不足解消ができるようサポートしています。

時間 月曜日から金曜日までの午前中
内容 談話、編み物・革細工などの手工芸、カラオケ、ウォーキング・体操等の身体を動かす活動、カードゲームなど、それぞれの患者様に合わせて活動しています。
診察までの時間を、ゆっくり過ごす方もいます。

病棟作業療法室

病棟では、主に軽スポーツ、手工芸、音楽等を行っています。
また季節によって、花見、スポーツ大会、かき氷づくり、秋祭り、クリスマス会等の行事も行っております。

内容 軽スポーツ(ダーツ・ゲートボール・ナンバーストライク・ボーリング 等)
手工芸(ぬり絵、刺し子、ビーズ細工、革細工 等)
音楽(唱歌、カラオケ、手話ソング 等)

私たち作業療法課では、患者様の心が少しでも元気になるよう手助けをしたい、と考えています。

ぬり絵
ぬり絵
編み物