汐ヶ崎病院

〒311-1115 茨城県水戸市大串町715番地

院長ブログ

病院改築のお知らせ

当院は昭和39年(1964年)3月開設で、現在53年目になります。現在の病院の建物は昭和41年から昭和60年にかけて建てられたもので、多くは40年以上が経過しています。まだ建物としては十分機能するのですが、精神科医療の変化や進歩に伴い、新たな病棟や外来機能を担える構造が必要になってきました。そこで、4年ほど前から検討を開始し、準備を重ねてきました。特に、職員の中から検討委員会(リボーン委員会と呼ばれています)に参加し、色々な面を繰り返し検討し、議論を重ねていただきました。この機会が職員一同の結束を更に強くさせたのではないか、と実感しています。今後は新病院体制への対応と電子カルテの導入のための業務見直しの委員会を立ち上げ、更に検討を続ける予定です。

さて、このたび、構想がまとまり、北側にある当院の運動場部分に新しい病棟・外来管理棟を建設し、現在の病院のほぼ全ての機能を移転することになりました。工期は3つに別けられ、①新しい浄化槽の建設、②新病院の建築、③旧建物の撤去と跡地の整備、の順で進められます。

4月から取りかかっていた1期目の工事が完成間近となり、第2期工事の病院の建設が12月から本格的に始まる予定です。この完成は2019年春の予定です。その時には元号もかわっているかもしれませんね。なお、このあと3期目の工事が続きますから、トータルで3年間近い時間がかかることになります。その間、病院においでのみなさまにはご不便をおかけすることも多いかと思いますが、どうかよろしくご理解・ご協力の程をお願い申し上げます。

2017年11月28日