汐ヶ崎病院

〒311-1115 茨城県水戸市大串町715番地

病棟

看護部長

看護部長

私たちは病院理念のもと、一人ひとりが熱意をもって看護に取り組み、地域の皆様に安心して医療が受けられるように日々努力しております。看護の大きな特性のひとつは、24時間看護を必要とする人たちの傍らにありいつでもその人及び家族の方々に看護を提供することです。他のどの保健医療職にもない“24時間傍らにある”という意味は、単に物理的に傍にいるというだけでなく、心に寄り添い、ケアしているということです。看護師はその人と共に存在するという特性を持っており、患者様が自分らしさを取り戻し、自分らしく生活を送れることが私たちの願いです。その支援のため良質な看護ができるように、そして心を病む方々に共感し、自己実現に近づけるお手伝いを続けていきたいと思っております。

1病棟

1病棟(急性期の女性病棟)

当病棟は女性患者様の入院治療を目的としております。患者様が安心して治療を受けていただけるように、個別性に配慮した看護を提供し、また早期回復、早期退院に向けて多職種と連携を図り継続的な支援を行っています。そして、何よりも患者様に寄り添い安心、安全、癒しの看護に力を注いでいます。

2病棟

当病棟は男性患者様の入院治療を目的としております。それぞれの患者様に応じた適切な治療環境を提供し、社会適応力の回復、早期退院を目指しています。また患者様が回復するためにはご家族の役割が重要になります。ご家族が安心できるように多職種とも連携し一緒に考えていきます。

3病棟

当病棟は男女混合の開放病棟です。 休息が必要な患者様、治療病棟から転病された患者様が社会復帰を目指し、退院に向けて準備する病棟です。
薬物療法の他に、患者様の社会適応力を高めるために、作業療法、生活療法など多種にわたってのプログラムやレクリエーションなども取り入れ自立を図っています。退院支援においては、服薬や金銭管理、社会体験等の生活技能や対人技能訓練、退院前訪問などコメディカルと連携しながら個々の患者に沿った援助を行っています。

5病棟

当病棟は高齢者支援病棟です。Aフロアには、老年期における精神障害や認知症、身体合併症の患者様が入院されています。私たちは患者様やご家族の思いに寄り添い、最後までその人らしく生きられるように「今できること」は何かを考えながら看護を提供しています。
また、Bフロアには、様々な理由で入院が長期化している患者様が入院されています。作業療法やレクリエーションを通し、各セクションとの連携を図りながら、日々患者様が笑顔で過ごせるよう心がけ、援助しております。